シーズンにあった販促品・景品

販促品を選ぶ時頭に入れておきたいのがシーズンごとの選定です。季節にあった販促品であれば、受け取ったユーザーも喜びます。販促品は販売したい商品をプロデュースするものであると同時に、企業イメージをよくするためのものなので、より多くの人に喜んでもらえる品物を販促品として配布することが大切です。
使う人に喜んでもらえる品物とはたとえば寒い季節に配布をするミニカイロなどです。似たものとしてカイロケースやマスク、湯たんぽやブランケットなどが、冬に喜ばれる販促品ということができます。これが冬の反対の夏になると暑い季節に適した品物を選ぶことが大切です。夏の販促品としての定番はうちわです。イベント会場などの入り口で配布をすることで、熱中症対策に役立たせることもできます。その他夏の販促品の代表的なものとしては、紫外線対策用のUVグローブやUVカットサンバイザーがあります。
また販促品の選び方としては、季節ごとのイベントに乗るという方法もあります。年末年始には企業のイメージを示すものにもなる名前入りのカレンダーを配布すると、年間を通して使ってもらうことができます。またバレンタインデーやクリスマスが近い時にはチョコレートなどちょっとしたお菓子をつけるとたくさんの人が受け取ってくれます。
扇子や蚊取り線香、手ぬぐいや風鈴などのちょっとおしゃれなグッズを配布することで、企業の好感度を上げるのに役立ちます。ティッシュ等、年間を通して使える景品・販促グッズの他に、季節感を利用するものもよいでしょう。